緑内障

緑内障は、本来眼圧が高くなることによって、視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気です。

日本での失明原因第1位の病気で、患者数も多い事も特徴です。

40歳以上では20人に1人の割合で患者さんがいるという報告もあります(日本緑内障学会緑内障疫学調査)。

症状

緑内障には慢性緑内障と、急性緑内障があります。

慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。

典型的な症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損ですが、普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いのです。

異常に気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。検診などで早期に発見して、早いうちから治療を開始して病気の進行を遅らせることが、今後の生活においてとても重要です。


一方、急性緑内障では、急激に眼圧が上昇して発症し、頭痛や吐き気、眼痛、充血など、激しい症状が見られます。

虹視症(電灯のまわりに虹のような輪が見える症状)を自覚することもあります。

こうした症状が出た場合には早めに眼科受診をお勧めします。

主な治療法

緑内障による視野欠損や視力低下は、治療をしても元に戻ることはありません。できるだけ早期に発見し眼圧を低下させることにより、視神経への傷害を防ぎ、視力や視野の悪化を遅くするという考え方で治療を進めていきます。

緑内障のタイプや進行の程度により治療方法が違ってきますが、基本的に点眼薬での治療がメインです。

それでも眼圧がコントロールされなければ、内服薬、レーザー治療、手術治療が必要になる場合もあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きる目の病気です。

糖尿病はその予備軍も含めると2,000万人といわれていて、糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してからの失明の大きな原因疾患となっています。

網膜には動・静脈血管や光、色を感じる神経細胞が多数存在します。

糖尿病などにより血液中のブドウ糖が過剰な高血糖状態が続くと、網膜の血管は細いため損傷を受けやすく、徐々に血管がつまったり変形したり、出血を起こすようになります。これが糖尿病網膜症です。

症状

糖尿病の発症後、数年~10年くらいで糖尿病網膜症を発症しますが、初期には自覚症状が現れません。

自覚症状を感じたときには、網膜症がかなり進行していることがほとんどです。

ある程度網膜症が進行すると、視野の中に煙の煤のようなものや、蚊のような小さな虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」を発症します。

また、網膜で出血が起こると、視野に黒いカーテンがかかったような感じがします。

主な治療法

初期の糖尿病網膜症の段階では、血糖コントロールをしっかり行うことで、網膜症の進行を食い止めることができます。

病状が進行している場合、新生血管を減らし、新たな新生血管の発生を抑えるために、レーザーを照射する網膜光凝固術(レーザー光凝固術)を行い病気の進行を抑えます。

進行してしまった糖尿病網膜症になってしまうと、多量の眼底出血や硝子体出血、さらには網膜剥離してしまう事も少なくありません。

そのような重症症例には硝子体手術をする事になります。

白内障

白内障は、水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。ほとんどは加齢によるものが原因と言われています。

詳細はこちら

網膜剥離

網膜剥離は、網膜の一部に偶然穴が開き、そこから水がしみこんで行き、徐々に網膜がはがれてくる病気です。

網膜の剥がれは痛みを伴わないため気付きにくいのですが、前兆として飛蚊症(虫が飛んでいる様に黒いものが見える)や光視症(光ってないのに光って見える症状)などが現れる事があります。さらに放置すると網膜剥離が進行し視野欠損が大きくなり、最終的には見えなくなってしまいます。

まずは前兆の飛蚊症や光視症を自覚した場合に出来るだけ早く眼科を受診し眼底検査を受けてください。

主な治療法

初期なら外来にてレーザー治療が可能ですが、進行した症例は入院手術が必要になります。

裂け目ができている場合や、網膜が剥がれている場合など、その症状や剥離の進行状態によって手術方法を選択します。

コンタクトレンズ(CL)

メガネと違い、CLは眼球に直接乗せてるものです。

目のコンディションは人それぞれですので、CLは全ての方が使えるわけではありません。

CLが使えない状態での無理な使用は、取り返しのつかない、重篤な疾患に繋がってしまいます。今までCLが使えていた方も、状態が悪くなっている場合には中止しなくてはならない事もよくあります。

これらの目のコンディションは自分では気づかないことも多々ありますので、しっかり定期検診を行い、安全なCL生活を送ることをお勧めします。