白内障手術について

白内障は、水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。


当院では、日帰りで白内障手術を行っています。

手術後すぐに帰宅できますので、食生活や環境の変化がなく、翌日から普段の生活リズムを営めるので、多くの患者様から喜んでいただいています。

症状

初期段階では特に症状はみられませんが、進行するにつれて、「目がかすむ」「ぼやけて見えにくい」「ものが二重三重にだぶって見える」「光がまぶしく感じる」などの症状が現れます。これらの症状はメガネを使用しても充分な改善が得られません。

主な治療法

白内障の治療は手術するしか方法がありません。

手術について

目のイラスト 手術のイラスト(1) 手術のイラスト(2) 手術のイラスト(3)

白内障の手術は一般的に、超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズ挿入術をあわせて行います。

手術は局所麻酔で顕微鏡を使っておこなわれます。

水晶体の白く濁った部分を吸引し、その代わりに眼内レンズを水晶体嚢の中へ挿入します。

手術にかかる時間が短く、患者の負担が軽くすむのが特徴です。

当院では白内障日帰り手術を行っております。是非お問い合わせください。